移動販売のその他の許可申請

スポンサードリンク

まだある認可は売る場所

スポンサードリンク

移動販売業を行う場合、許認可申請がいろいろとあります。

 

保健所や行政に対するものは、食品を取り扱うことの内容のものが主です。

 

では、そのほかの認可というと、大切な場所です。
自分の家の敷地内で行う場合以外には、必ず認可が必要になります。

 

移動販売の場所というと、縁日などの夜店の他には、スーパーや大型ショッピングセンターの敷地内、病院、会社などがあります。

 

それぞれの持ち主の所で、きちんと認可をもらわなければ、無認可となり、取締の対象となります。

公園や路上で移動販売はOK?

移動販売の中で、魅力的に敷地が公園や路上になります。

 

駅前のロータリーというのも良いですが、このあたりは原則的には認可は絶対に下りないと思ってよいでしょう。

 

よく、お昼時のオフィス街に移動販売の弁当屋などが出没しているところを見かけます。

 

完全な路上であり、あの場所での営業はすべて無認可だと思ってください。

 

公衆が集ったり、公共と言われる場所での移動販売は、今の日本ではできないと思ったほうが良いかもしれません。

うまく自分を売り込め!

魅力的な移動販売の場合、人が集まりやすいスーパーなどでは歓迎してくれる場合があります。

 

しかし、初めての場合や珍しい商品の場合は、簡単にYESの認可をもらえないと思ったほうが良いでしょう。

 

それが集客の目玉となるのなら…という算段をするのが儲けにつながるのですが、その辺りの話に持っていき方は、勉強が必要かもしれません。

 

一番良いのは、自分の敷地であり、知り合いなど認可が必要のない場所で売上を上げることが出来ればベストかもしれません。

スポンサードリンク

移動販売のその他の許可申請関連ページ

食品営業許可申請
移動販売で食品を扱う場合、食品許可申請書が必要になります。 もちろん移動をしない店舗なども、食品を扱う場合は必要な許認可です。 この場合、移動販売として、車内で調理をする場合、しない場合も食品許可申請書が必要になります。
食品衛生責任者
移動販売で食品を販売する場合には、食品衛生責任者が必要になります。 店舗も同様ですが、一時的に屋台や縁日で食べ物を売る場合も必要なものです。 ですから、移動販売業として行う場合は当然の立場になります。

 
姉妹サイト|コンビニ開業!