食品衛生責任者

スポンサードリンク

絶対に必要な食品衛生責任者

スポンサードリンク

移動販売で食品を販売する場合には、食品衛生責任者が必要になります。

 

店舗も同様ですが、一時的に屋台や縁日で食べ物を売る場合も必要なものです。

 

ですから、移動販売業として行う場合は当然の立場になります。

 

兼任は出来ず、食品衛生の管理を行う責任ある立場になります。

 

大変な資格?ではありません。

 

原則として誰でも受講をすることで得られる資格ですから、数ヶ月や数年に通うという性質のものではありません。

 

管轄は保健所になります。

受講資格について

移動販売をするにあたって、食品衛生責任者になるためにはどうしたら良いのでしょう?

 

一般的には、17歳以上の人で、高校生以外に受講資格があります。

 

地域によっては、その基準内容が一部変更になっていますから、直接問い合わせてみてください。

 

養成講習をしなくても良い有資格者もいらっしゃいます。

 

栄養士や調理師はもちろんですが、医師や薬剤師、歯科医師、獣医師なども、講習なしで食品衛生責任者になることができます。

 

1997年4月以降に食品衛生責任者の養成講習を終了した方は、その後の講習は必要なく、食品衛生責任者となることができます。

受講内容について

食品衛生責任者の講習内容は、いくつかの講習科目の履修を受けることになります。

 

衛生法規、公衆衛生学、食品衛生学の3科目を合計6時間の講習を受け、その後テストを行います、

 

それだけで修了になりますから、2日もあれば、食品衛生責任者になることができます。

 

地域によって、食品衛生責任者になったあとに実務講習会の受講義務がある場合もあります。

 

これは3年に一回くらいのペースで行なっているようです。

スポンサードリンク

食品衛生責任者関連ページ

食品営業許可申請
移動販売で食品を扱う場合、食品許可申請書が必要になります。 もちろん移動をしない店舗なども、食品を扱う場合は必要な許認可です。 この場合、移動販売として、車内で調理をする場合、しない場合も食品許可申請書が必要になります。
その他の許可申請
移動販売業を行う場合、許認可申請がいろいろとあります。 保健所や行政に対するものは、食品を取り扱うことの内容のものが主です。 では、そのほかの認可というと、大切な場所です。 自分の家の敷地内で行う場合以外には、必ず認可が必要になります。

 
姉妹サイト|コンビニ開業!