食品営業許可申請

スポンサードリンク

食品許可申請書のいろいろ

スポンサードリンク

移動販売で食品を扱う場合、食品許可申請書が必要になります。

 

もちろん移動をしない店舗なども、食品を扱う場合は必要な許認可です。

 

この場合、移動販売として、車内で調理をする場合、しない場合も食品許可申請書が必要になります。

 

ビジネス街で見かけるお弁当屋などについても、です。

 

これは全国の都道府県や市町村に申請するもので、管轄法律は食品衛生法になります。

 

また、別に仕込みをして、移動販売で販売だけをする場合は、仕込み場所の営業許可の申請が必要になります。

食品衛生法は厳しい?

移動販売業で独立開業する場合の許認可申請の必要があることは分かったとしても、必ず申請の前に相談をすることが必要とされています。

 

義務ではないのですが、現在は食品衛生法も厳しくなっていますから、どのような移動販売業?と言うところからの許認可申請になると思ってください。

 

その際に、市町村別の区別はあまりないのですが、気候的な関係から、少しの差はあると言われています。

 

食中毒などの恐れもあることで、食品を扱う環境は、許認可においては、一段と厳しくなっているといえます。

できれば相談を

移動販売の許認可申請の食品許可申請書については、様式が決まっています。

 

施設の50分の一程度の平面図が必要になります。
これは事前の相談の時に指示があります。

 

実際の申請の提出は少なくとも2週間くらいは余裕を持ち、その後の確認をしてもらうことになります。

 

手数料なども必要になりますし、食品許可申請書の書き方などについては、各都道府県ごとに違いますから、必ず確認をしてみてください。

スポンサードリンク

食品営業許可申請関連ページ

食品衛生責任者
移動販売で食品を販売する場合には、食品衛生責任者が必要になります。 店舗も同様ですが、一時的に屋台や縁日で食べ物を売る場合も必要なものです。 ですから、移動販売業として行う場合は当然の立場になります。
その他の許可申請
移動販売業を行う場合、許認可申請がいろいろとあります。 保健所や行政に対するものは、食品を取り扱うことの内容のものが主です。 では、そのほかの認可というと、大切な場所です。 自分の家の敷地内で行う場合以外には、必ず認可が必要になります。

 
姉妹サイト|コンビニ開業!