移動販売/食品移動自動車

スポンサードリンク

食品移動自動車は売るだけの車

スポンサードリンク

移動販売で、食品移動自動車とは、出来上がった食品を扱うものです。

 

車内において調理は一切せず、包装されたものを販売するのが目的です。

 

例えば、パンや菓子、乳製品などです。

 

魚介類を販売する場合は、最初から調理された物を必ず包装した形で販売することになります。

 

車内で魚をさばくこと、いわゆる丸ものは、食品移動自動車では販売することはできません。

食品移動自動車と申請

移動販売では、食品移動自動車の以外に食品営業自動車があり、こちらは車内での調理ができる状態になります。

 

当然、食品移動自動車の方が改造なども楽になりますし、申請書類も少なくなります。

 

衛生上のチェックも厳しくはないですが、一応食品を取り扱うことになりますから、それなりの検査は必要になります。

 

出来上がったものを売るわけですから、仕込みや出来上がりのものをどこでどう作るかという申請も必要になります。

 

あくまでも食品の場合ですから、これが食べるものと関係のない場合には、事情は変わってきます。

既存の食品移動自動車もいろいろ

移動販売の食品移動自動車は、バリエーションが豊かです。

 

すでに出来上がっているものも多く、商品によっては、すでに理想的な食品移動自動車が存在することもあります。

 

中古品なども出回っていますが、安全性などについてもチェックが万全であれば、安い資金で食品移動自動車も入手可能になります。

 

また、最近では、食品移動自動車のレンタルも登場しています。

 

すでに商品は決まってしまいますが、とりあえずの移動販売の独立開業の形としては、かなり短期間で営業をすることができます。

スポンサードリンク

移動販売/食品移動自動車関連ページ

移動販売・屋台の種類
移動販売としての屋台は、最近では縁日などでお目見えすることが多いようです。 お祭りの定番としての屋台は、その種類も豊富です。 この移動販売業として、全国各地の縁日に出かけていくという営業形態の種類もありますが、毎年同じようなコースを回ることで、一定の利益を上げることも可能でしょう。
食品営業自動車
移動販売の中で、食品営業自動車を使う場合は、必ず許可をとらなければなりません。 届出先は保健所です。 この食品営業自動車では、ラーメンやクレープなど、その自動車で調理をすることがある場合です。

 
姉妹サイト|コンビニ開業!