移動販売・屋台とは

スポンサードリンク

屋台の歴史

スポンサードリンク

移動販売業で、日本で言うと屋台があります。

 

屋台というと、江戸時代には出現していて、そこでお寿司やそばなどが売られていました。

 

 

この形こそ、現代で言う移動販売になります。

 

その後、第二次世界大戦後の闇市の屋台が広がっていきました。

 

商売を行う上で、屋台はリヤカー一つでできるスタイルこそ、利益重視の人には便利な商売道具と言えます。

 

そこで有名になったのは、チャルメラを鳴らすラーメンの屋台でした。

 

資金が少なく、流動的な店舗の移動販売の屋台は、日本の昔から存在していたのでした。

屋台の今

移動販売車,屋台

屋台は、とても便利な食堂として、大衆にも大ウケになりました。

 

店舗がない住宅などにも、豆腐屋や焼き芋屋などで移動販売の形で商品が売られ、現在も団地内の野菜やパンを売るなど、姿形を変えての屋台は生き延びています。

 

屋台でのラーメン屋はチャルメラとして代名詞になっていますが、今では簡単に営業することは困難です。

 

衛生面、道路交通法、電気などの問題から、保健所への届出とより使いやすい移動販売車の改良など、リヤカーでの屋台では考えられないほど進化を遂げています。

屋台は不滅?行政と移動販売

移動販売での屋台というのは、今ではその言葉すら使われなくなりましたが、移動販売そのものの原点は屋台です。

 

そこで、屋台を模した屋台村は全国各地に存在しますが、こちらは移動販売と言うよりは、店舗の形になっています。

 

また、行政などの規制も厳しくなった背景には、不法移動販売の出現や暴力団の資金源になっていると言う事もあります。

 

現に、移動販売をしていると、暴力団からのショバ代の請求を受けたという被害報告もあるようです。

スポンサードリンク

移動販売・屋台とは記事一覧

移動販売・屋台の種類

移動販売としての屋台は、最近では縁日などでお目見えすることが多いようです。お祭りの定番としての屋台は、その種類も豊富です。この移動販売業として、全国各地の縁日に出かけていくという営業形態の種類もありますが、毎年同じようなコースを回ることで、一定の利益を上げることも可能でしょう。たいてい縁日などに屋台...

≫続きを読む

 

移動販売/食品営業自動車

移動販売の中で、食品営業自動車を使う場合は、必ず許可をとらなければなりません。届出先は保健所です。この食品営業自動車では、ラーメンやクレープなど、その自動車で調理をすることがある場合です。この場合の管轄は、自動車の保管場所と営業地が違う場合、届出先が変わることもありますから、必ず確認をしてください。...

≫続きを読む

 

移動販売/食品移動自動車

移動販売で、食品移動自動車とは、出来上がった食品を扱うものです。車内において調理は一切せず、包装されたものを販売するのが目的です。例えば、パンや菓子、乳製品などです。魚介類を販売する場合は、最初から調理された物を必ず包装した形で販売することになります。車内で魚をさばくこと、いわゆる丸ものは、食品移動...

≫続きを読む

 

 
姉妹サイト|コンビニ開業!