移動販売のフランチャイズに加盟する方法

スポンサードリンク

開業資金とフランチャイズのメリット

スポンサードリンク

移動販売のフランチャイズに加盟する方法は、まずは開業資金を支払うことになります。

 

加盟金だけではありませんが、内訳については、各業種によって様々です。

 

フランチャイズで興味のあるところは、まずはこの開業資金の内容について調べてみてください。

 

フランチャイズ募集に応募をして、契約が成立をして、開業資金を支払い、立地条件が揃えば、いよいよ研修に入ります。

 

移動販売の場合、立地条件に関しては、ある程度自分で目星もつけられますが、フランチャイズの本部からの提案などもある場合もあります。

 

この辺りで融通がきくと、本当に楽に開業ができる可能性が高いといえます。

マニュアルには忠実に

フランチャイズの場合は、移動販売で売る商品は決まっています。

 

仕入れから仕込み、食品の場合は調理まで、しっかりとマニュアルを叩きこまれることになります。

 

当然営業方法も同じになりますから、宣伝文句や販売の仕方についてマスターをするだけでOKになります。

 

ネームバリューがある場合は、決まりきったことを行うことで、即移動販売ができることになります。

ロイヤリティとは?

移動販売をフランチャイズでということになると、ロイヤリティが発生します。

 

売上や儲けの○%を本部に支払うことになります。
結局、契約期間ずっとこのロイヤリティがありますから、自分の手元に多く残す場合でも、きちんと売上を上げなければならないことになります。

 

このロイヤリティは、各フランチャイズで差があります。

 

高いからダメというのではない、契約内容をよくみて、どのフランチャイズにするかを決めてください。

 

高いロイヤリティだったけれど、指導がしても良い評判のところなどもあります。

スポンサードリンク

移動販売のフランチャイズに加盟する方法関連ページ

『独自店とフランチャイズ店の違い』
現在、移動販売には、フランチャイズ店と独自店に大きく分けることができます。 フランチャイズ店は、○○という名前が同じで、店舗で言うと支店が各地にあることで、独自店というと、自分だけの店の感覚です。
独自店舗を開業する
移動販売業として、独自店をもつという場合は、何を売るか、何をするかを明確に決めてください。 そして、核となる移動販売車の製作をすることになります。 大きな資金をかけずに独立開業の中で、この移動販売車にかかるものが一番大きいでしょう。

 
姉妹サイト|コンビニ開業!