移動販売で独自店舗を開業する

スポンサードリンク

重大な決意と移動販売車の選択

スポンサードリンク

移動販売業として、独自店をもつという場合は、何を売るか、何をするかを明確に決めてください。

 

そして、核となる移動販売車の製作をすることになります。

 

大きな資金をかけずに独立開業の中で、この移動販売車にかかるものが一番大きいでしょう。

 

売るものによって形態が大きく変わり、費用も変わってきます。

 

○○を売りたいと決めたのなら、移動販売車の選択が売上にも大きく左右することになります。

 

現在、移動販売業のための車両については、相談できる業者なども豊富ですから、まずは問い合わせをしてみてください。

許可や申請書類はとても多い

移動販売業にはいくつかの許可申請があります。
特別な資格の有無はあまり関係なく、きちんと届出さえ行えばOKなものばかりですが、独自店として独立開業したい種類で必要なことやものを申請してみましょう。

 

そして、どこで売るか?という場所も選定しなければなりません。

 

道路上はNGですから、どこで何を販売できるかというデータも必要になります。

 

食べ物を扱う場合には、保健所管轄の申請書類が増えることになります。

 

ですから、移動販売で独自店を、という場合には、何をどうやって売りたいと言うことをはっきりと決める事が先決です。

独自店をもつ前に行いたいこと

移動販売業を独自店で持ちたいときには、体験的な話を聞く機会を持ってください。

 

現在はブログなどでもその奮闘記が掲載されていたり、実際に移動販売業とは?というサイトを作っていらっしゃる方も大勢います。

 

また、フランチャイズなどの講習会などで、移動販売業のことをくわしく知るというのもひとつの手です。

 

その上で、これならできるという確信をもつことをお勧めします。

 

資金が少なく始められる移動販売業ですが、一応の裏表を知ることで、独自店としての成功をみることになると思います。

スポンサードリンク

移動販売で独自店舗を開業する関連ページ

『独自店とフランチャイズ店の違い』
現在、移動販売には、フランチャイズ店と独自店に大きく分けることができます。 フランチャイズ店は、○○という名前が同じで、店舗で言うと支店が各地にあることで、独自店というと、自分だけの店の感覚です。
フランチャイズに加盟する方法
移動販売のフランチャイズに加盟する方法は、まずは開業資金を支払うことになります。 加盟金だけではありませんが、内訳については、各業種によって様々です。 フランチャイズで興味のあるところは、まずはこの開業資金の内容について調べてみてください。

 
姉妹サイト|コンビニ開業!