移動販売『独自店とフランチャイズ店の違い』

スポンサードリンク

フランチャイズと独自店

スポンサードリンク

現在、移動販売には、フランチャイズ店と独自店に大きく分けることができます。

 

フランチャイズ店は、○○という名前が同じで、店舗で言うと支店が各地にあることで、独自店というと、自分だけの店の感覚です。

 

どちらが良いというのは、一長一短がありますが、フランチャイズの方は、あくまでも支店ですから、マニュアルも揃っていて、その通りに行えば、誰でも移動販売を行う事ができます。

 

どちらの方法が良いか?それは、自分が思い描く移動販売業の構図によって変わるでしょう。

ところでフランチャイズとは?

移動販売のフランチャイズとは、ある事業者の販売形態をすることで、契約を結び、あらゆるサポートの元、移動販売業として独立開業を行うものです。

 

説明会が行われ、その事業のノウハウ通りに行うことで、ある程度の保証もあります。

 

ゼロからの出発ではなく、フランチャイズの波に乗っかる形で、自分の移動販売業として独立することで、事業の成功のチャンスをつかむものです。

 

独自店との大きな違いとしては、準備も短期間で、マニュアルどおりに行えば良いということで、余計な心配もなくスムーズに始められることとその後の保証があるということです。

独自店とは?フランチャイズとの決定的な違い

移動販売の独自店は、一から自分の信念のもと、事業展開をしなければなりません。

 

何を売るから始まって、仕入れから仕込み、販売方法までもすべてオリジナル。

 

もちろんフランチャイズのようなマニュアルも無ければ、保証もありません。

 

商品が売れなければ、移動販売業は成立しないことになります。

 

しかし、だからこそ可能性が大きいといえます。

 

うまく当たれば、儲けはすべて自分のもの。

 

独自店だからといって、失敗をする、成功はしないということは決してないのです。

スポンサードリンク

移動販売『独自店とフランチャイズ店の違い』関連ページ

独自店舗を開業する
移動販売業として、独自店をもつという場合は、何を売るか、何をするかを明確に決めてください。 そして、核となる移動販売車の製作をすることになります。 大きな資金をかけずに独立開業の中で、この移動販売車にかかるものが一番大きいでしょう。
フランチャイズに加盟する方法
移動販売のフランチャイズに加盟する方法は、まずは開業資金を支払うことになります。 加盟金だけではありませんが、内訳については、各業種によって様々です。 フランチャイズで興味のあるところは、まずはこの開業資金の内容について調べてみてください。

 
姉妹サイト|コンビニ開業!